ZOOKISSの想い ZOOKISSの想い 常設ミニ動物園のご案内 一緒に働きませんか? 会社概要 お問い合せ ホームへ


私たちZOOKISSはこれまでも、これからも、動物とのふれあいを事業として行うにあたり
この理念のもとに行動していきます。
私たちZOOKISSの想いをここに伝えさせていただきます。

私たちのふれあい動物園には、珍しい動物はいません。いわゆる珍獣は必要ないと思っています。
大事なことは、その動物がどれくらい珍しいか、ニュース性があるか、ではなく、ビックリするくらい人間に対する恐怖感を持たずに人を信じている動物を、そして人が大好きな動物たちを育てることである、と思っています。

ふれあいに向いていない動物とは、攻撃性の強い動物たちや、希少で絶滅の危機にあるような、また環境の変化にも弱い動物たち、これらの動物たちには無理にふれあう必要は無いでしょう。
私たちが思う動物とのふれあいの理想とは、人間と動物の双方向のコミュニケーションであるべきだと思っています。

犬や馬は家畜としての歴史もあり反応や表情が誰にもわかりやすいし、行動の上でも双方向のコミュニケーションがとれていることを実感できますね。同じくヤギやヒツジも、犬や馬ほどではないにしても、ここ掻いてとは言うし、食べ物やおやつが欲しいとアピールしてきます。食べ物を通じてのコミュニケーションもきちんと管理していれば双方向のコミュニケーションであると思います。ウサギはキチンと撫でればじっと大人しく撫でられている。ヒヨコは上手に抱っこすると、気持ちよく目を閉じて寝てしまいます。

それぞれに、表現の仕方やコミュニケーションの方法は異なりますが、人間と動物たちの双方向のコミュニケーションとは、こういうものではないだろうか、と思うのです。

ふれあいとは、動物を追い回して捕まえることを楽しむようなものではなく、同じ時間を生き、意思を持ち、命を持った動物たちをキチンとリスペクトしたうえで、皆様に動物たちのすばらしさや、楽しさを感じてもらうことがZOOKISSのふれあいだと思っています。
next →

©2016 ZOOKISS Co., Ltd. All Rights Reserved.