ZOOKISSの想い ZOOKISSの想い 常設ミニ動物園のご案内 一緒に働きませんか? 会社概要 お問い合せ ホームへ


私たちが動物とのふれあいを行ううえで、最も大事なもの、それは、動物と子供たちの間に立ち、橋渡しをしてくれるふれあいスタッフです。毎日ふれあいに参加する動物たちの世話をしています。自分が手塩にかけて育てた大事な動物たちだからこそ、自信をもってお客様にふれあっていただくことが出来るのです。

ZOOKISSのスタッフたちはいつも明るく元気に子供たちの前に立ちます。常に子供たちと動物たちとの両方の安全を守りながら、皆さんに楽しんでいただくことが最大の使命なのです。

楽しかったよ、ありがとう、また来るね、といったお客様からの言葉がZOOKISSのスタッフたちには最高の賛辞やエネルギーであり、動物と共に楽しむお子様たちの笑顔こそが私たちZOOKISSの宝物なのです。


ZOOKISSのスタッフたちのあいだには、こんな話が受け継がれています。
何があっても動物が一番先に、自分のことはその後にしよう。

例えば、自分のお腹が空いたら、自分が何かを食べる前に動物のお腹が空いていないか確かめよう、もし、暑い!と思ったら自分が日蔭に入る前に動物たちに日蔭を作ろう、もし寒いと思えば上着を着る前に動物を温めよう。

私たちは、常に動物たちの状態を気に掛け、無意識の状態でも、常に動物たちのことを第一に考え行動すること。
なぜならば、ゲージの中で管理され、要求を言葉で伝える術を持たない動物たちには、私たちスタッフが常に注意を向けていなければ自分ではご飯を食べることも、水を飲むことも出来ないからなのです。だからこそ、私たちはこの決まりを守るのです。

・・・大好きな動物たちこそが常に共に働く最も大事な仲間なのだから・・・
株式会社ZOOKISS
園長 島田直明

©2016 ZOOKISS Co., Ltd. All Rights Reserved.